朝鮮半島の伝統的な暖房と言えば「オンドル」だ。かつては焚き口に薪をくべて火を付けて床を暖める方式だったが、植民地時代から練炭が普及し始めた。しかし、韓国では90年代以降、練炭からガス、電気、灯油のオンドルが普及し、練炭は多くの家庭から姿を消した。

1980年代初頭には、韓国の半数以上の家庭で練炭が使われていたが、ソウル練炭バンクの2014年の調査によると、韓国の2094万世帯のうち、練炭を使っているのは16万8400世帯で、全世帯の0.8%まで下がった。

一方、正確な統計はないが北朝鮮ではオンドル用の燃料としては練炭が一般的だ。練炭ボイラーで水を温めて、床下に設置したホースや銅パイプを通じて熱を上げる。この方式で使用されるホースだが、なぜか「韓国製ホース」が人気を集めているという。