北朝鮮で、国際社会やNGOが援助した医薬品が軍や市場に横流しされている実体は、以前から指摘されている。援助団体も監視しているが、こうした不正を根絶するのは困難だ。それもそのはず。最高指導層が横流しに絡んでいる可能性が高いからだ。

真心製薬工場を視察する金正恩氏(画像:労働新聞キャプチャー)
上機嫌で真心製薬工場を視察する金正恩氏(画像:労働新聞キャプチャー)

北朝鮮に支援される医薬品のなかには韓国製も多いが、公には明かされず一般的に「国連薬」と呼ばれて市場に横流しされている。さらに、横流しだけでなくパッケージそっくりの「ニセ国連薬」まで出回っていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

無償医療制度が崩壊した北朝鮮では、患者が実費で医薬品を購入しなければならないが、この「ニセ医薬品」を掴まされる被害者が続出。「ニセ物が多すぎて、一時は脚光を浴びていた『国連薬』も信じられなくなった状態だ」とRFAの咸鏡北道(ハムギョンブクト)の住民は語った。

ニセ国連薬は、薬の形はもちろんパッケージ、容器、説明書まで本物そっくりに作られていて、本物に混ざって市場で売られている。患者はもちろん、医師ですら識別は困難で飲んでみてはじめて真偽が判明するという恐ろしいシロモノだ。

こうしたなか、中朝の密輸品目で「医薬品」の割合が急激に高まっている。偽薬があまりも横行するため、経済的に余裕のある住民は北朝鮮国内で販売される薬を買わず、多少費用がかかっても中国から取り寄せるからだ。

韓国製の医薬品も密輸されている。税関を通過させるため、アッと驚く奇抜な手口が使われているとのことだが、情報筋はその具体的には明らかにしていない。

ニセ国連薬が横行する裏には「権力者の存在が見え隠れする」と語るのは平安北道(ピョンアンブクト)情報筋だ。

「ニセ国連薬の形状やパッケージの精巧さを見ると、個人ができるレベルのものではない。おそらく権力者の庇護を受けた誰かが作っているとしか思えない」

    関連記事