北朝鮮で、国際社会やNGOが援助した医薬品が軍や市場に横流しされている実体は、以前から指摘されている。援助団体も監視しているが、こうした不正を根絶するのは困難だ。それもそのはず。最高指導層が横流しに絡んでいる可能性が高いからだ。

真心製薬工場を視察する金正恩氏(画像:労働新聞キャプチャー)
上機嫌で真心製薬工場を視察する金正恩氏(画像:労働新聞キャプチャー)

北朝鮮に支援される医薬品のなかには韓国製も多いが、公には明かされず一般的に「国連薬」と呼ばれて市場に横流しされている。さらに、横流しだけでなくパッケージそっくりの「ニセ国連薬」まで出回っていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。