北朝鮮の朝鮮中央通信と労働新聞は19日、金正恩第1書記が李雪主(リ・ソルチュ)夫人と、朝鮮労働党70周年を記念するモランボン楽団と勲功国家合唱団の公演を鑑賞したことを報じた。

李雪主夫人と公演を鑑賞する金正恩氏/2015年10月19日付労働新聞より
李雪主夫人と公演を鑑賞する金正恩氏/2015年10月19日付労働新聞より

朝鮮中央通信は公演の様子を「金正恩元帥を運命の天のごとく信頼し、慕う千万の軍民の熱烈な敬慕と信頼の念を厳かで奥ゆかしいメロディーに盛り込んだ各歌謡は観客の心の琴線に触れた」と評した。

公演に大満足した金正恩氏は、モランボン楽団のメンバーと記念撮影を行った。

モランボン楽団と記念撮影を行った金正恩夫妻/2015年10月19日付労働新聞より
モランボン楽団と記念撮影を行った金正恩夫妻/2015年10月19日付労働新聞より

崔龍海(チェ・リョンヘ)氏、金養建(キム・ヤンゴン)氏が、公演鑑賞に同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

金正恩元帥が勲功国家合唱団と牡丹峰楽団の合同公演を鑑賞

【平壌10月19日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が、朝鮮労働党創立70周年慶祝勲功国家合唱団と牡丹峰楽団の合同公演を鑑賞した。 金正恩元帥が、李雪主同志と共に観覧席に姿を現した。

勲功国家合唱団と牡丹峰楽団の芸能人たちは、革命的かつ戦闘的な創作・創造気風によって党と革命が求め、人民が志向する時代の頌歌、最後の勝利の進軍歌を新しくて特色あるものに形象化して喜びあふれる公演の舞台を広げた。

愛国歌から始まった公演の舞台には、混声重唱と男声合唱「母の誕生日」、軽音楽と歌謡連曲「朝鮮労働党万歳」、男声独唱と合唱「党を歌う」、男声 合唱「朝鮮の姿」、器楽と歌「愛するよ」、管弦楽「ピョンヤンがいちばんだ」、女声重唱「これ見よがしに」などの多彩なレパートリーが上がった。

出演者は、金日成主席と金正日総書記、金正恩元帥の指導の下に人民の運命に責任を持って朝鮮革命を導いて長々70年の聖なる歴史を記した朝鮮労働党に対する朝鮮人民の最も熱烈で崇高な思想・感情を感銘深く形象化した。

勲功国家合唱団が新しく創作、形象化した男声3重唱と合唱「朝鮮労働党賛歌」、男声合唱「輝け太陽のその名」「朝鮮の進軍歌」は、人民の心の中に 深く根を下ろし、人民大衆の創造力に頼って革命と建設を導いてきた朝鮮労働党の賢明な指導があったがゆえに、この地に自主、自立、自衛の強大な社会主義の とりでが築かれ、富強な祖国の建設の活路が開かれていることを観客の胸ごとに深く刻み付けさせた。

牡丹峰楽団の芸能人たちは、「われらの金正恩同志」「お目にかかりたかったんです」「懐かしさはわたしの幸福」「運命の手」「われらは党旗を愛する」「わが党に永遠に従う」のような新しい歌謡を立派に創作、形象化して舞台に上げた。

金正恩元帥を運命の天のごとく信頼し、慕う千万の軍民の熱烈な敬慕と信頼の念を厳かで奥ゆかしいメロディーに盛り込んだ各歌謡は観客の心の琴線に触れた。

金正恩元帥の周りに固く団結して革命の千万里の道をしっかり歩んでいくという朝鮮の軍隊と人民のいちずな衷情の心を格調高く歌った公演は終曲「母の誕生日」で終わった。

朝鮮式の軽音楽と管弦楽、多様な声楽種目の配合によって新たな境地の音楽形象を創造した公演は、観客の絶賛を博した。

金正恩元帥は、勲功国家合唱団と牡丹峰楽団の創作家、芸能人が人民に対する母なる党の愛情が脈打ち、朝鮮労働党に従って永遠に代を継いで衷情を尽くすという千万の軍民の信念と意志を誇示する立派な公演を行ったことに大きな満足の意を表し、彼らと共に記念写真を撮った。

金正恩元帥は、勲功国家合唱団と牡丹峰楽団の合同公演がわが党の聖なる70年史をありのまま反映した、創作家、芸能人が時代に担った使命と任務を立派に遂行していると高くたたえ、出演者が今後も革命的かつ戦闘的な芸術活動を積極的に行っていくとの期待と確信を表明した。

崔龍海、金養建の両氏と朝鮮労働党創立70周年慶祝1万人大公演の参加者が公演を鑑賞した。

    関連記事