日米韓やEUなど主要国が北朝鮮の人権問題に関する新たな国連決議案を準備していることに対し、北朝鮮が反発を露わにしている。

北朝鮮外務省スポークスマンは17日、朝鮮中央通信の記者の質問に答える形で「これは、国連舞台でもうひとつの反共和国対決を鼓吹する米国とその追随勢力の卑劣な謀略策動である」と主張。「敵対勢力の無分別な反共和国『人権』対決狂気を断固たる超強硬対応であくまで制圧する」と威嚇した。

主要国が作成中の決議案には、人権侵害の最高責任者を国際刑事裁判所(ICC)に付託することのほか、責任者の処罰や拉致問題の解決などが含まれているとされる。

北朝鮮外務省の主張を伝える朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 敵対勢力の反共和国「人権」対決狂気を超強硬対応であくまで制圧する

【平壌10月18日発朝鮮中央通信】共和国外務省のスポークスマンは、敵対勢力が国連で反共和国「人権決議案」を上程しようとしていることで17日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

米国の操りの下でEUと日本が第70回国連総会でまたもや、反共和国「人権決議案」の採択を画策して草案作成のための交渉を行っている。

これは、国連舞台でもうひとつの反共和国対決を鼓吹する米国とその追随勢力の卑劣な謀略策動である。

いったい、人権被告席に座るべき罪人が誰であるのに、誰それを問題視しているのかということである。

米国こそ、世界最悪の人権蹂躙(じゅうりん)の元凶、人権不毛の地であり、国連で直ちに取り扱うべき犯罪国家である。

米国は、世界の至る所で侵略と戦争、殺りくをはじめ、反人倫的犯罪行為をはばかることなく働き、人権保護において最も優先的な問題となっている人間の生存権と生命権を無残に踏みにじっている。

南朝鮮で道を歩いていた中学生らを戦車でひき殺し、イラクとアフガニスタンで無この民間人をやたらに虐殺したあげく、故意に病院を爆撃して子どもたちをはじめ多くの患者の生命を奪ったのも米国であり、他国に秘密監獄を設けて獣も顔を赤らめる中世的な拷問蛮行を働いたのもほかならぬ米国である。

米国では劇甚な人種差別と警察の黒人殺害蛮行が日常時となっており、惨たらしい銃器犯罪事件が毎日のように起こって人々が死の恐怖に震えている。

人権保護と人道主義についてよく唱えるEUも同じである。

生きる道を求めて押し寄せる中東の難民を保護する代わりに、互いに押し合いへし合いして然るべき対策を講じなくて深刻な人道主義悲劇が招かれた所が欧州である。

人々を荷物のように扱って群れをなして窒息して死ぬようにしておきながらも、EUはいざ、難民問題を生じさせた米国の侵略と人権蹂躙蛮行については一言も言えずにいる。

このように、自分らの内部問題も処理できない分際で、EUは米国に追随してはっきりした名分もなく誰それの「人権問題」についてうんぬんしている。

われわれは、人権分野での真の対話と協力のために最近、EU人権担当全権代表と国連人権高等弁務官を招請するなど、最大限の善意を示している。

しかし、EUはわれわれが問題の「脱北者」家族に会わせてやるということも回避し、すでに合意された全権代表のわが国への訪問も一方的に取り消して偽りだらけの「報告書」を持ち回しながら、10余年間も繰り広げてきた反共和国「決議案」の採択を引き続き強行している。

われわれの現実には口を極めて背を向け、敵対勢力がでっち上げた詐欺文書にだけ執着するEUの行為は、偽善と無理押しの極みである。

反共和国「人権騒動」の全面に立っている日本は、EUをしつこくそそのかしてわが共和国のイメージをダウンさせることで自分らの過去の反人倫的犯罪を覆い、政治的利益を得てみようと愚かに振る舞っている。

EUと日本は、不当な反共和国「決議案」の上程企図を直ちに取り消すべきであり、米国の人権蹂躙蛮行と欧州での難民事態などのような西側の現行特大型人権問題から取り扱うことに乗り出すべきであろう。

極悪な人権蹂躙の張本人らが盗人猛々しいというふうに他国に言いがかりをつける卑劣な行為は、絶対に容認されない。

今回の国連総会は、正義と平和を愛するすべての国が米国をはじめとする本当の人権蹂躙犯罪国を断罪、糾弾する場になるであろう。

われわれは、敵対勢力の無分別な反共和国「人権」対決狂気を断固たる超強硬対応であくまで制圧するであろう。―――

    関連記事