北朝鮮企業が参加する見本市の中で最大の規模を誇る「第4回中朝博覧会」が、15日から中国遼寧省の丹東市で始まった。

今回の見本市には、92の北朝鮮企業のほか、中国、モンゴル、タイ、ベトナム、ロシアなどの企業も多数参加している。

同日午前に開かれた開会式には、平安北道人民委員会のホン・ギルナム副委員長、瀋陽駐在の北朝鮮領事館や丹東駐在の北朝鮮領事部の関係者、遼寧省政府、丹東市政府の関係者、中朝両国の貿易関係者など400人が参加した。

今回の博覧会について、丹東に駐在している、デイリーNKの北朝鮮内部情報筋は「今回の博覧会は中国企業のみならず他の外国の企業も多く参加するので販路開拓が期待される」「保衛部(秘密警察)の監視はないので、精一杯販路を広げるようにと言われた」と語った。

「放射性物質」発見の騒ぎも

また、この日から中国人に限り北朝鮮・新義州(シニジュ)市へのノービザ渡航が開始された。中国政府発行の公民証を持っていれば、特別な手続きなく新義州に入ることができる。

さらに「丹東国門湾互市貿易区」もこの日に開設された。