人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩第1書記は、頻繁に「麻薬を根絶せよ!」という指示を出しており、いくら命の恩人とはいえ麻薬Gメンの行動は金正恩氏の指示に背いたことになり何らかの処分を与えなければならないからだ。現時点で、この麻薬Gメンが処分された情報はないが、同情の余地はあるだろう。そもそも北朝鮮の麻薬汚染は、北朝鮮自身がもたらしたものだ。

故金正日総書記は1992年から、麻薬での外貨稼ぎを目的にコードネーム「白桔梗(ペクトラジ)事業」を開始。国家機関も深く関わって製造された北朝鮮製の麻薬や「覚せい剤」は中国、日本でも流通されたが、中国側の厳しい取り締まりのため近年はめっきり減少した。これが北朝鮮国内で薬物が蔓延するきっかけとなる。麻薬の現物だけでなく、製造方法や原材料は存在あるが売り先はなく、自ずと国内に蔓延せざるをえなかったわけだ。

今回の仰天エピソードが物語るように、医薬品不足の北朝鮮で覚せい剤をはじめとする麻薬が「治療薬」のように使われている実情も麻薬蔓延に拍車をかけている。

    関連記事