北朝鮮当局が、脱北行為に対してさらなる厳罰化を進めており、家族単位での脱北を幇助した者は容赦なく処刑する方針だと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

慈江道(チャガンド)の内部情報筋によると、14日夜に開かれた人民班(町内会)の会議で「家族ぐるみの脱北を幇助した者は処刑する」「幇助者の家族は農村に追放する」という話が伝えられた。また、同様の内容は10月初めに国境警備隊の隊員を対象にして開かれた政治講演会でも伝えられている。

今まで家族単位の脱北を幇助した軍人や民間人は、5年以上7年以下の懲役刑に処されていたが、家族への連座制適用はなかった。今回の方針変更で厳罰化が進んだ形だ。

両江道(リャンガンド)の情報筋によると、今回の厳罰化は先日実施された「恩赦」と関係がある。

北朝鮮当局は、8月5日から10月5日まで5回に分けて、恩赦を実施し懲役5年以下の者については釈放している。

その中には脱北を幇助した容疑で逮捕され収監された国境警備警備隊の隊員や密輸業者も含まれているが、当局は彼らが再び脱北を幇助するのではないかと警戒し、今回の措置を決めたというのだ。

単独での脱北は、密輸や出稼ぎなど北朝鮮への帰国を前提としているものがほとんどだが、家族単位での脱北は、韓国に逃げることを前提としているため、北朝鮮当局は今までも厳しく取り締まってきた。

北朝鮮当局は、中朝国境に鉄条網を設置したり落とし穴を掘ったりスパイを使ったり、様々な手段を動員して脱北の摘発に躍起になっているが、家族単位での脱北事件が相次いでいる。

    関連記事