北朝鮮の朝鮮中央通信と労働新聞は10日、金正恩第1書記が、朝鮮労働党70周年記念式典に出席するために訪朝している中国共産党代表団と接見したことを報道した。同通信によると、金正恩第1書記は代表団員と接見し、温かい談話を交わし記念撮影を行ったという。

金正恩氏が中国共産党代表団と記念撮影を行った/2015年10月10日付労働新聞より
金正恩氏が中国共産党代表団と記念撮影を行った/2015年10月10日付労働新聞より

一方、中国共産党代表団長の劉雲山書記は、「金正恩氏が代表団に会ってくれたことに感謝し、中国共産党中央委員会と習近平総書記同志の委任によって朝鮮労働党創立70周年を迎えた朝鮮労働党中央委員会とすべての朝鮮労働党党員、朝鮮人民を熱烈に祝う」と述べた。

劉雲山書記は、中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員であり序列5位だ。

金正恩氏と中国代表団が接見した記事は、朝鮮中央通信ウェブ版ではトップに、労働新聞では3面に掲載されている。ここ数年、冷え込んでいいた両国関係からすると異例の報道だ。

劉雲山書記の訪朝を金正恩氏が礼遇したことにより、中朝関係が大きく変化することも考えられる。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

金正恩第1書記が中国共産党代表団と会見

【平壌10月10日発朝鮮中央通信】共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官である朝鮮労働党の金正恩第1書記が9日、朝鮮労働党創立70周年に際して朝鮮を公式親善訪問している中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員である書記処の劉雲山書記を団長とする中国共産党代表団に会った。

金正恩第1書記は代表団員に会い、温かい談話を交わした。

劉雲山書記は席上、金正恩同志が代表団に会ってくれたことに感謝を表し、中国共産党中央委員会と習近平総書記同志の委任によって朝鮮労働党創立70周年を迎えている朝鮮労働党中央委員会とすべての朝鮮労働党党員、朝鮮人民を熱烈に祝うと述べた。

朝鮮人民の偉大な金日成主席同志と金正日総書記同志の指導の下で朝鮮労働党は朝鮮人民を導いて折り重なった難関を乗り越え、国の独立と人民の解放を成し遂げ、朝鮮の社会主義革命と建設偉業において注目するに値する成果を収めたと語った。

特に、近年、金日成主席同志と金正日総書記同志の遺訓を実現している尊敬する金正恩第1書記同志の指導力と組織力、朝鮮労働党のアピールによって朝鮮人民が経済発展と人民生活の向上をはじめ各分野において大きな成果を収めたことに対して中国の党と政府、中国人民は心から喜ばしく思うと述べた。

金正恩第1書記は、中国共産党代表団の朝鮮訪問が両党、両国間の立派な伝統を継承し、発展させることに積極的に寄与する意義深い訪問になることを願うと述べた。

また、朝中関係は単なる隣との関係ではなく、血潮でもって結ばれた友好の伝統に根ざした戦略的関係になってきたとし、金日成主席同志と金正日総書記同志がわれわれに残した最大の対外事業業績と遺産も朝中友好であると語った。

そして、伝統は歴史の本や教科書に記録するのにとどまるのではなく、実践で継承し、輝かしていかなければならないとし、伝統的な朝中友好を代を継いでさらに強化発展させていこうとするのはわが党と人民の意志であると述べた。

金正恩第1書記は、朝鮮と中国両国人民の共同の富である朝中友好の不敗の生命力が双方の努力によって、今後より力強く誇示されるものとの確信を表明した。

また、賓客らと朝中両国関係の強化発展と互いに関心を寄せる問題について意見を交換した。

金正恩第1書記に、劉雲山書記は贈物をした。

金正恩第1書記はこれに謝意を表し、代表団全員と共に記念写真を撮った。

中国人民政治協商会議全国委員会副主席である中国共産党中央委員会の王家瑞対外連絡部部長、外交部の張業遂常務副部長、中国共産党中央外事弁公室の宋涛常務副主任、中国人民解放軍総政治部の殷方竜副主任、中国共産党中央委員会対外連絡部の劉洪才副部長、李進軍駐朝中国大使をはじめ代表団員が参加した。

朝鮮労働党中央委員会の金己男、金養建の両書記がこれに同席した。

    関連記事