北朝鮮は、ウガンダのムセベニ大統領を「国際金日成賞」の受賞者に選定したが、本人が受賞を拒否し続けていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報道した。

「国際金日成賞」は「帝国主義と闘い、自主平和を打ち立てた金日成氏を称える」ため、故金日成主席が逝去する前年の1993年に制定された。

昨年10月、ムセベニ氏は2014年の国際金日成賞の受賞者に選ばれた。理由は「アフリカにおいて独自の開発に基づき、国に平和と繁栄をもたらした」こと。しかし、発表から1年経っても未だに授賞式が行われていない。

「大した賞ではないので…」

実は、同政府は発表直後の昨年11月、受賞拒否を北朝鮮に通告していたのだ。

    関連記事