近年の中朝関係の悪化が、北朝鮮に暮らす華僑の人々に受難の時を強いているようだ。

香港の週刊誌「亜洲週刊(2015年9月27日号)」によると、この夏以降、少なくとも100人以上の在朝華僑が北朝鮮当局により逮捕されたという。

在朝華僑は、80年代中頃には2万人を超えていた。しかし、中国は急速な経済発展を成し遂げたが、北朝鮮には一向に変化がない。さらに、中朝関係の悪化で弾圧が厳しくなり、処遇は悪くなる一方だ。こうしたことから、北朝鮮に嫌気がさして中国に帰国する人が増えている。

それでも、出生成分もなく朝鮮労働党や軍隊にも入れないながら、合法的に中国と北朝鮮を行き来できる身分を利用して商売に励んできた。北朝鮮の国民経済の市場経済化に果たした彼らの役割は、決して小さくない。

しかし、そうした自由な身分と商売上手なところが、今はむしろ災いを呼んでしまっている。

    関連記事