中国で開催される「見本市」には、北朝鮮企業も出展しているが、最も多く扱われていたのは「健康食品」だったと韓国の大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が報告書「東北アジア博覧会北朝鮮館参観記」を通じて発表した。

東北アジア博覧会の朝鮮館(画像:中国国際広播電台)
東北アジア博覧会の朝鮮館(画像:中国国際広播電台)

9月1日から6日まで、中国吉林省の長春で開催された「第10回東北アジア博覧会」。中国商務省、国家発展計画委員会と吉林省政府が共同で主催する、中国東北部最大の見本市だ。

博覧会には中国、日本、韓国、ロシア、モンゴルなど13カ国の1000以上の企業が出展し、北朝鮮企業24社も参加した。そのうち10社が健康食品や漢方薬を扱う会社で、鹿茸、清心丸などを販売していた。

しかし、博覧会を訪れた中国の消費者からの反応は今ひとつだったという。 中国の消費者からの反応の鈍さについて、北朝鮮企業の中国代理店関係者は次のように語っている。

「北朝鮮の製品だというと、中国の消費者から『品質が悪そう』と言ったネガティブな反応が返ってくる。『そもそも本当に北朝鮮産なのか?』という反応も」

「しかし、一度買うと効果を感じリピートする人が多い」

「外貨稼ぎのための販売なので、価格が安定しておらず、突然一方的に値上げ通告をしてくることも多くて困る」

では、どのような製品が扱われていたのだろうか。ここで、参加各社の商品を紹介しよう。

肝臓病の治療効果を謳う漢方薬
肝臓病に効果があると謳う漢方薬「金菌丸」

これは、肝臓病に効果があるという漢方薬だ。漢方薬材を発酵させたもので、肝炎や肝硬変に効果があり、肝炎ウイルスを除去するらしい。「10数年に渡る臨床治療で効果が完全に検証された」と謳っている。イラストは肝臓をイメージしたようだが、変な生き物のようだ。

各種漢方薬(画像:朝鮮の今日)
各種漢方薬(画像:朝鮮の今日)

こちらは各種漢方薬。「天然」であることを強調しているが、「北朝鮮=オーガニック」というイメージを意識したものだろう。

アスピリンと同等の効果があると謳う歯磨き粉
歯磨き粉「天然物歯磨き粉」

「天然物歯磨き粉」プラーグ、歯周病菌、歯石、口臭をすべて除去し、歯痛にはアスピリンと同等の効果があるという。

銀河水化粧品
銀河水化粧品

金正恩氏肝いりの「銀河水化粧品」。ハイエンドユーザー向けのラインナップもあるはずだが、なぜか広告では「100均向け」のような商品だらけだ。

健康食品が中国の消費者から歓迎されない一方で、塩干物を扱っているブースには多くの人が押しかけていたようだ。500グラムで3600元(約6万8000円)もする「高級干しナマコ」が飛ぶように売れて、一人で2セット、3セットと買い込む人もいた。

北朝鮮産の海産物人気について、平壌に駐在する吉林省貿易代表処の関係者は、KOTRAのインタビューに次のように答えた。

「中国市場では、北朝鮮の海産物はオーガニックというイメージが強い上に、東北と山東省ではナマコが特に好まれるためによく売れている」

「北朝鮮を訪れた観光客で、お土産に干しナマコを買う人が多い」

「北朝鮮産は中国産と価格は同等だが、質がよいためお得だ」

北朝鮮産の海産物が、意外なことに中国市場で人気があることは、デイリーNKジャパンでも以前報道した。中国のネットショッピングモール「タオバオ」でも北朝鮮の干し魚、貝、カニなどが大々的に売られている。北朝鮮が、この「オーガニック」というブランドイメージを守ることが、他の製品の評判にも繋がるだろう。

    関連記事