2013年に処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏が部長を務めていた「労働党行政部」が解体され、「労働党組織指導部」がその権限を引き継いだことが明らかになった。

権勢を振るった張成沢氏の「労働党行政部」

朝鮮労働党行政部(以下、行政部)は、金正恩第1書記の外叔父にあたる張氏が部長を務めていた頃には、国家安全保衛部(秘密警察)、人民保安部(警察)、検察所、裁判所など公安機関、司法機関のすべてを管轄していた。

しかし、2013年12月に張氏が無慈悲に処刑されたことにより、行政部は解体。業務を引き継ぐ目的で、労働党組織指導部(以下、組織指導部)に「7課」が新設。行政部の持っていた莫大な権限のうち、実務や行政的な役割のみを引き継いだ。

組織指導部が行政部を吸収した形だが、北朝鮮の組織機構的な視点からすれば、ある意味本来の姿に戻ったとも言える。

過去には、故金正日総書記も部長を務めた組織指導部は、絶大な権力を誇り、すべての党機関を統制していた。しかし、張氏が行政部長に就任してからは権限は、組織指導部から行政部へ移っていった。

金正恩氏を支える組織指導部と国家安全保衛部

行政部、すなわち張氏に権限が一極集中することを恐れた金正恩氏は、組織指導部と国家安全保衛部が結託して引き起こされたのが、「2013年張成沢処刑劇」の大まかな背景と言える。そして、張氏を処刑に追い込んだ3人が、金正恩体制の核心指導層として、今なお君臨している。

張成沢処刑によって、「行政部」対「組織指導部&国家安全保衛部」の雌雄は決したが、当時の組織指導部第1副部長こそ、朝鮮人民軍総政治局長の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏だった。これこそが、黄炳瑞氏が実質的なナンバー2と言われる所以である。

黄炳瑞朝鮮人民軍総政治局長(資料写真)
黄炳瑞(朝鮮人民軍総政治局長/資料写真)

金正恩氏のブレイン・趙延俊

その後、黄炳瑞氏は朝鮮人民軍総政治局長に就任。党人として朝鮮人民軍(北朝鮮軍)を監視している。現在、組織指導部第1副部長として、党組織全体の統制を任されているのが、黄氏よりも序列では上だった趙延俊(チョ・ヨンジュン)氏だ。

趙氏は、「金正恩氏のブレイン中のブレイン」(情報筋)と呼ばれ、公安機関、司法機関のみならず、中朝の外貨稼ぎ機関まで手中に収めたと見られる。

趙延俊朝鮮労働党組織指導部第1副部長
趙延俊氏(朝鮮労働党組織指導部第1副部長/資料写真)

処刑執行人・金元弘

張成沢処刑時には、事前に彼の動向を探って金正恩氏に報告し、処刑に間接的に関わった。

以上の二人と共に、金正恩氏の厚い信頼を受けている人物がもう一人いる。国家安全保衛部の部長である金元弘(キム・ウォノン)氏だ。

金元弘(キム・ウォノン)
金元弘(キム・ウォノン)氏(国家安全保衛部長)

写真を見れば分かる通り、その強面は、「秘密警察」のトップにふさわしい。

金元弘氏は、張氏だけでなく玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)氏粛清にも関与したと見て間違いない。そして、幹部達の粛清や社会統制でも成果を上げたこともあり、保衛部の権限が拡大していると言われている。

現時点では、絶大なる権力を保持する3人だが、張成沢氏、玄永哲氏の例を出すまでもなく、いつまでも安泰かどうかはわからない。

首領独裁制の北朝鮮では、多少の序列の上下はあれど、金正恩氏以外は所詮はどんぐりの背比べに過ぎないからだ。

    関連記事