朝鮮民主主義人民共和国が9月9日で建国67周年を迎えたのに際し、各国首脳から金正恩第1書記あてに祝電などが送られている。

朝鮮中央通信は、9月9日午前までに中国やロシア、キューバなど21の国名を報道

続いて15日までに20カ国の国名を、さらに9月25日までに14カ国の名を報じた。

このうち1カ国(カンボジア)は花かごの贈呈と祝電で重複しているので、合計55カ国の名前が伝えられたことになる。

その多くは、中東を含むアジア、アフリカ、旧ソ連圏など東欧の国々だ。北朝鮮が、これらの国々と強い結びつき(とりわけ軍事的に)を持っており、一般的に思われているほど世界から孤立していないということは、以前にも指摘した。