韓国の統一省が、国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)の資料を元に北朝鮮の食糧不足が去年より悪化していると国会外交統一委員会で報告したと、韓国の聯合ニュースが報じた。

同資料によると、北朝鮮の食糧需要量は、2015会計年度(去年11月から今年10月まで)は548万9000トンだったが、生産量は508万2000トンで、40万7000トンが不足した。

食糧の不足量は、2013会計年度は58万6000トン、2014会計年度には34万トンに減ったが、今会計年度は40万7000トンに増えた。不足量は6万7000トン増えた計算になる。

不足量増加の原因は、昨年からの日照り大雨が影響や、緑化事業による個人耕作地への締め付け、10月10日の労働党創建70周年をはじめとした様々な行事や建設工事の動員が原因と見られる。

さらに、これまでは中国からの密輸で食糧不足を補ってきたが、国境統制の緩和に伴い、密輸が以前より難しくなっていることも原因の一つとして考えられる。一方で、ロシアからの食料輸入が増えていると伝えられており、多くの餓死者を出した1999年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の時のように、深刻な状況になる可能性は低いだろう。

    関連記事