韓国の統一省が、国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)の資料を元に北朝鮮の食糧不足が去年より悪化していると国会外交統一委員会で報告したと、韓国の聯合ニュースが報じた。

同資料によると、北朝鮮の食糧需要量は、2015会計年度(去年11月から今年10月まで)は548万9000トンだったが、生産量は508万2000トンで、40万7000トンが不足した。

食糧の不足量は、2013会計年度は58万6000トン、2014会計年度には34万トンに減ったが、今会計年度は40万7000トンに増えた。不足量は6万7000トン増えた計算になる。