将軍様は高所恐怖症?

金正日総書記は高所恐怖症のせいで飛行機の利用を嫌がるという話は、彼に関する代表的な逸話の1つである。ユーラシア大陸を横断したモスクワ訪問の時も、飛行機ではなく列車を利用したくらいだから、そうしたうわさにも信憑性が感じられる。

金正日氏は、1965年に金日成主席と共にインドネシアを訪問した時、主席専用機を利用した。内縁の関係にあった映画女優の成恵琳氏が最後に出演した映画、「ある自衛団員の運命」の撮影現場だった白頭山のふもとまで、ヘリコプターに乗って行ったというエピソードも伝わっている。北朝鮮で出版された本にも、彼が航空機に乗った事例が複数記録されている。

だがその後40年以上にわたって、金正日氏が飛行機を利用して外国を訪問した事例はない。金正日氏は労働党中央委の書記だった1983年6月と、その後2000年5月と2001年1月、2004年4月、2006年1月に中国を訪問した時に特別専用列車を利用した。

中国以外にも、2001年7月26日から8月18日までロシアを訪問した時や、2002年8月にロシアの極東地域を訪問した時にも、専用列車を利用した。平壌からモスクワまでの往復2万kmを越える距離を、およそ24日かけて列車で旅行した金正日氏の奇行に、国際社会は「ギネスブック」並みだと皮肉った。

ロシアは当初、ウラジーミル・プーチン大統領の専用飛行機を提供すると北朝鮮に提案したが、金正日氏が汽車の旅行に固執するのでびっくりしたという裏話も伝わっている。

金正日氏は年に100回以上実施する現地指導の時にも、主に列車を利用するという。金正日氏の並外れた鉄道愛は何に起因しているのだろうか。

鉄道でモスクワを訪問「ギネスブックに載りそう」

北朝鮮専門家が最初にあげる理由は、テロに対する脅威だ。飛行機テロは爆破装置がうまく作動しさえすれば、他の不意打ちテロよりも成功率は100%近い。

金正日氏は、本人が直接飛行機テロを指揮した経験があるため、飛行機テロの恐ろしい威力についてよく知っている。1987年の大韓航空858便・ボーイング707爆破事件が代表的だ。当時検挙された北朝鮮工作員の金賢姫元死刑囚は、金正日氏の親筆の工作指令を受けて行った犯行だったと自白している。

他にも、1970年半ばに北朝鮮で発生した飛行機墜落事故も、金正日氏の指示で行われたものと推定されている。当時、平壌の順安飛行場を出発してパリに向かった、朝鮮民航(現高麗航空)のソ連製の旅客機が、離陸直後に墜落する事故が起きた。旅客機には文化人や芸術家など100人以上が乗っていたが、全員が犠牲となった。

彼らは、海外派遣から除外されていた「南半部(韓国)出身」の人たちだったため、金正日氏は、成恵琳氏の内縁関係を隠すためのテロを指示したとの疑惑すらある。操縦していたのが北朝鮮最高のベテランパイロット、キム・マノク氏(金日成の専用飛行機の責任操縦士)だったことも、噂話に信憑性を持たせている。

更に、アメリカや韓国など敵対国の前に、自分自身を露出させないという意図もあったと思われる。列車は他の交通手段よりも安全性が保障される。鉄道周辺の徹底した点検と警備、車の安全が確保されさえすれば、警護上の問題点は容易に解決される。

ある対北情報筋は、「北朝鮮がアメリカに対して感じている恐怖心は、私たちの想像を越えている」「飛行機は列車と比べて位置を追跡しやすく、テロやミサイル攻撃に非常に弱いという点をかなり懸念していると思われる」と明らかにした。

金正日氏の特別列車には、爆発に耐える装置が設置されているという。2001年のロシア訪問の時は、電気機関車2台が牽引する先行列車が、金正日氏の乗った特別列車より先に走り、地雷が埋まっているかどうかチェックして事前の保安作業を徹底的に行うなど、警護態勢を強化した。

線路に沿って100メートルごとに保安員(警察官)を1人ずつ配置したため、動員された人だけでも9万3000人にのぼり、停車駅に動員された警護要員を含めると、10万人に達するという。

特別列車が停まる駅には臨時の命令が下り、英語が分からないロシアの住民たちが不便な思いをすることもあった。ロシアの新聞イズベスチアは、「空虚なプラットホームと凍りついた列車、そして無人の土地におどろいた雀たち、警察の警備船など、(8月)3日の夜にヤロスラブスキー駅で見られた光景は、(現代社会の)奇蹟であり、まさに共産主義の亡霊」と、当時の雰囲気を伝えた。

金正日氏は北朝鮮の国内で列車に乗って移動する時も、抜かりのない警備体制をとる。

北朝鮮の護衛総局所属で、金正日氏の警護官を務めた李英國(リ・ヨングク)氏は、「金正日氏が移動する時は、何台もの自動車や汽車、船などが一緒に動いて目的地を偽装する」と語っている。

列車の場合、2時間ごとに「先発列車」「本列車」「後発列車」が出発する。このどれに金正日氏が乗っているのか分からないし、列車が動いている6~8時間の間、線路周辺への接近は全て禁止される。

アメリカの北朝鮮専門家、マーカス・ノーランド氏は、「調査によると、飛行機事故で死亡する独裁者の数が異常に多いため、金正日氏が列車だけに固執しているのはうまくやっていることなのかも知れない」と語っている。

人民の生活を肌で感じたい?

北朝鮮では金正日氏が列車を利用することも、偶像化の道具として利用している。北朝鮮外務省のカン・ソクジュ第1副部長は「金正日熱風」という本で、「(金正日氏は)人民の生活をより近くで感じるために列車に乗る」と主張した。

2002年に平壌を訪問して金正日氏にインタビューをしたロシアの女性記者、オーラ・マリチェバ氏は、金正日氏に「どうして鉄道で移動するのか」と質問した。すると金正日氏は、「外信は私のことをに『高所恐怖症の患者』であるかのように書きたがる。しかし飛行機に乗ったら、何がわかるのか。私は、自分の目でロシアの長所と短所を直接見たいだけだ」と答えたという。

また、「飛行機に乗ったら(ロシアの)外交官と政治家にしか会えないが、鉄道に乗ればあらゆる人にあえてもっとよい」という言葉を残した。

だが、人民の生活を視察する際に利用される金正日氏の特別列車は、北朝鮮の住民が乗る列車とは異なり、超豪華施設がある移動執務室だ。

列車はディーゼル機関車2両が前後に連結されていて、国内移動の時には8~9両編成、外国訪問の時には20両編成になる。

自分が乗る「1号客車」には、1人用の寝室が5部屋あり、訪問する地域の経済の現状などがひと目で分かるGPS付きのマップや、インターネットにアクセスできる最先端の通信装備が設置されているそうだ。それ以外にも、宴会室や会議室、警護隊が乗る所、専用のベンツ2台が入る車両などがある。

金正日氏がロシアを訪問した時に随行した、ロシア極東地区のコンスタンティン・フリコフスキー大統領全権代表の著書「東方特別列車」によると、列車の中には映画を見るための大型スクリーンがあり、応接室にはカラオケの機械もあったという。

列車の中にはフランス産のワインがあふれていて、金正日氏は赤ワインを楽しんでいたそうだ。金正日氏が一番好んで食べるふかひれの料理も食卓に並んでいた。金正日氏が食べる料理の材料は北朝鮮から直接飛行機で調逹したもので、ここで出たごみも密封して北朝鮮に持ち帰った。

2004年に金正日氏が中国訪問を終え平壌に戻る途中に発生した龍川(リョンチョン)駅爆発事故も、金正日氏を暗殺しようとしたものだったという説が流れている。空も地面も恐ろしくなった金正日氏が選ぶ道は、海以外にあるのだろうか。次に外国を訪問する時、金正日氏がどのような道を選ぶのかとても気になる。

    関連記事