将軍様は高所恐怖症?

金正日総書記は高所恐怖症のせいで飛行機の利用を嫌がるという話は、彼に関する代表的な逸話の1つである。ユーラシア大陸を横断したモスクワ訪問の時も、飛行機ではなく列車を利用したくらいだから、そうしたうわさにも信憑性が感じられる。

金正日氏は、1965年に金日成主席と共にインドネシアを訪問した時、主席専用機を利用した。内縁の関係にあった映画女優の成恵琳氏が最後に出演した映画、「ある自衛団員の運命」の撮影現場だった白頭山のふもとまで、ヘリコプターに乗って行ったというエピソードも伝わっている。北朝鮮で出版された本にも、彼が航空機に乗った事例が複数記録されている。

だがその後40年以上にわたって、金正日氏が飛行機を利用して外国を訪問した事例はない。金正日氏は労働党中央委の書記だった1983年6月と、その後2000年5月と2001年1月、2004年4月、2006年1月に中国を訪問した時に特別専用列車を利用した。

中国以外にも、2001年7月26日から8月18日までロシアを訪問した時や、2002年8月にロシアの極東地域を訪問した時にも、専用列車を利用した。平壌からモスクワまでの往復2万kmを越える距離を、およそ24日かけて列車で旅行した金正日氏の奇行に、国際社会は「ギネスブック」並みだと皮肉った。