北朝鮮の原子力研究院長は15日、「ウラン濃縮工場をはじめとする寧辺のすべての核施設と5メガワット黒鉛減速炉の用途が調節、変更され、再整備されて正常稼働を始めた」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

院長はまた、米国が北朝鮮に対する敵視政策に執着するなら「いつでも核の雷鳴で応える」としている。

北朝鮮は2013年4月、稼働を停止していた黒鉛原則炉を再稼働させると宣言。米ジョンズホプキンス大学の北朝鮮専門サイト「38ノース」などがその後、商業用衛星写真の情報から再稼働している可能性を指摘していた。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

【平壌9月15日発朝鮮中央通信】共和国原子力研究院の院長は、われわれの核活動に対する世論が流れていることに関連して15日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、米国をはじめとする西側の複数の専門機関とメディアは、衛星資料によると寧辺核施設で新たな活動が捕捉されただの、寧辺地区での核活動が懸念されるだのと言って騒ぎ立てている。

周知のように、われわれの核保有は米国の対朝鮮敵視政策の所産である。

言い換えれば、米国の極端な対朝鮮敵視政策と核脅威に対処した自衛的措置である。

去る2013年4月当時、われわれの原子力総局のスポークスマンが明らかにしたように、歴史的な党中央委員会総会で提示された経済建設と核武力建設の並進路線によってウラン濃縮工場をはじめとする寧辺のすべての核施設と5メガワット黒鉛減速炉の用途が調節、変更され、再整備されて正常稼働を始めた。

これまで、われわれをして核を保有せざるを得なくした米国の時代錯誤の対朝鮮敵視政策は少しも変わったものがなく、かえってわれわれの体制転覆を公然と追求するより露骨で卑劣な手口に深化されている。

われわれの原子力部門の科学者、技術者と労働者は、現情勢の要求に即して各種の核兵器の質量的水準を絶えず高めて核抑止力の信頼性を全面的に保証するための研究と生産において連日革新を生み出している。

われわれは、米国と敵対勢力が無分別な敵視政策に執着し続けながら意地悪く行動するなら、いつでも核の雷鳴で応える万端の準備が整っている。―――

    関連記事