北朝鮮が14日、朝鮮中央通信を通じ、近く新型衛星の発射を行うと示唆した。来月10日の朝鮮労働党創建70周年と前後して、長距離ロケットを発射するものと見られる。

朝鮮中央通信は国家宇宙開発局(NADA)局長の発言を引用、「新しい地球観測衛星の開発を最終段階で進めて」いるとし、「より高いレベルの衛星を打ち上げられるように衛星打ち上げ場の改造・拡張作業が成功裏に進められ」たと報じている。

その上で、「世界は今後、先軍朝鮮の衛星がわが党中央が決心した時間と場所によって、大地から空高く引き続き打ち上げられるのをはっきりと見ることになるだろう」として、金正恩第1書記の指導により、近く打ち上げを行うことを示唆した。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。