無償医療制度が事実上、崩壊した北朝鮮では、民間病院を訪れる人が多いが、それに加えて「漢方医」が人気を集めていると平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

民間病院やヤミ市場でのクスリ販売は、90年代はじめから存在している。当初は、医者が薬を調剤していたのだが、マーケットが広まるにつれ、薬剤師が登場して分業化が進むなど「質は高くなっている」と情報筋は語る。

「以前は、ヤブ医者が多く誤診で患者が死ぬこともあった。でも、最近は腕の悪い医者は淘汰され、誤診も減っている」(情報筋)

民間での医師は、国営病院の給料では生活が成り立たないという理由で退職した人や、独学で「漢方医学」を勉強した人などが多いという。

    関連記事