朝鮮中央通信は10日、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と訪朝した共同通信の代表団と会談したことを報じた。

また、共同通信は9日、北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)日朝国交正常化担当大使と会見。同通信によると、宋大使は、日本人拉致被害者らの調査について、「結果報告はほとんど完成したと言える。ところが、日本側と同時にいつ発表するか、まだ合意できていない」と述べた。

日本側が要求している早期の報告については、「両国の外交当局間での調整が必要だ」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

金永南委員長が日本の共同通信社代表団と会見

【平壌9月10日発朝鮮中央通信】

共和国最高人民会議常任委員会の金永南委員長は10日、平壌の万寿台議事堂で福山正喜社長を団長とする日本の共同通信社代表団に会って談話を交わした。