北朝鮮の「朝鮮海外同胞援護委員会」のスポークスマンは8日、北海道警が札幌市の在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)北海道本部が入る建物を家宅捜索したことに対して「極悪な犯罪行為」と非難した。

【関連記事】北海道警が朝鮮総連を捜索…「極秘マニュアル」を発動か

談話では、捜索の目的が「総聯のイメージをダウンさせ、全面的に弾圧するための口実を設けようとする下心の発露である」と指摘しながら、「無分別な政治的弾圧と人権蹂躙(じゅうりん)行為を直ちに中止し、不当に逮捕した在日同胞を直ちに釈放すべきである」と主張した。

談話を掲載した朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。