デイリーNKジャパンは、統合幕僚監部(統幕)が作成して共産党に流出し、共産党の仁比聡平(にひそうへい)氏が2日の参院特別委員会で提示した資料の全文を入手した。

資料は、日本の制服組トップである河野(かわの)克俊統幕長が昨年12月17、18両日の訪米で、デンプシー統合参謀本部議長ら米軍・国防総省幹部7人と会談した内容を記載したもの。

全23ページで、オディエルノ陸軍参謀総長、スペンサー空軍副参謀総長、ワーク国防副長官、グリナート海軍作戦部長、スイフト海軍作戦部幕僚部長、デンプシー統合参謀本部議長、ダンフォード海兵隊司令官と河野氏とのやり取りを、日付順でまとめている。

これらのうち、米軍の制服組トップであるデンプシー統合参謀本部議長との会談内容を以下に全文掲載する。会談では、韓国、中国、北朝鮮、ロシア、エボラ対策などが幅広く話し合われている。

会談内容は以下のとおり(カッコ内は編集部)。

取扱厳重注意

別紙第6

デンプシー統合参謀本部議長との会談結果概要

1           日時及び場所

平成26年12月18日(水)1300-1345 米国防総省

2           会談概要

河野統幕長 本日はお忙しい中時間をとっていただき感謝する。来年3月に訪日すると聞いた。

デンプシー議長 その通りである。韓国にも行く予定である。

河野統幕長 本年7月にハワイにいて日米韓CHOD(アジア太平洋諸国参謀総長等会議)を開催した。現在、日本と韓国の間では防衛交流が滞っている状態にある。チェ合参議長とは海幕長時代からのパートナーであるが現在に至るまで会えていないため、是非CHODを実現したい。

デンプシー議長 是非CHODを実現したいと思っており、ロックリア司令官ともVTC(テレビ会議)において本件について話した。前回はハワイで開催したが、ハワイが適当であろうか?何か場所に関して提案はあるか?

河野統幕長 ハワイが適当である。

デンプシー議長 来年2月にPACOM COCを実施したいと考えている。しかしながら諸般の事情により日程については流動的である。2月20日に実施できればと思っている。

河野統幕長 ロックリア司令官と出来るだけコンタクトを取りたいと考えている。PACOM COCにチェ合参議長は参加しないと聞いている。

デンプシー議長 その通りである。現在の朝鮮半島の状況を考えると、チェ合参議長は韓国を離れられないのではないだろう(原文ママ)。常に北朝鮮からの脅威があり、サイバー攻撃の脅威の(原文ママ)顕在化している。チェ合参議長の立場もあると理解している。来年1月にチェ合参議長と電話懇をする機会がるので、その際にPACOM COCに参加するよう話してみたい。

河野統幕長 ソニーピクチャーへのサイバー攻撃についてCNNニュースで確認した。日米韓の連携は北朝鮮への対応として重要であると認識している。北朝鮮においてはミサイルの脅威があるが、我が国のBMDの態勢は万全であると認識している。しかしながら、日本と韓国の間ではGSOMIA(軍事情報包括保護協定)がないので情報共有ができていない。韓国内の世論の影響により出来ていないと認識している。

デンプシー議長 韓国には数年前から日本と上手く付き合うようにと言っているところである。

 北朝鮮からのサイバー攻撃については証拠がないため公表には至っていないが、アメリカ政府として何かしらの見解が出されるものと認識している。

日韓間の情報共通(原文ママ)も含め我々の努力が進むと信じている。

 一連のASEANの会合により、中国のレトリックは低調であると認識しているが、この件に対する意見如何?

河野統幕長 APECにおいて日中首脳会談が実現した。海上連絡メカニズムの再開が決定したところであるが中国からの反応がない。尖閣周辺における活動は活発化している。また南沙諸島においては暗礁の埋め立ても行っており、力による現状の変更は認められないという立場に基づきASEAN諸国やオーストラリアと連携をしている。我々は中国に対してエスカレーションラダーを上げないよう努力しているところである。

 現在、ガイドラインの見直し作業を実施しているところであり、来年の前半まで延期となった。集団的自衛権や検討中の安保法制が実現した際には日米の関係はより深化するものと認識している。また、ゴールドフィン中将と日米の役割の再調整について議論した。

 エボラ熱に関して話しをしたい。エボラ熱対応としてAFRICOM(アメリカ・アフリカ軍)に連絡官を派遣し、KC-767において防護服を運んだ。引き続き連絡官を通じて情報収集し、我々ができることを考えていきたい。

デンプシー議長 日本の貢献に感謝申し上げる。エボラ熱のような案件は収束すると関心が薄れてしまう傾向にある。このような事態を風化させないためにも経験や教訓を収集し能力を整備する必要がある。現在のところ基本的な能力は保有していると認識しており、移動式除染装置を6台、1度に3人を隔離する能力をもつC-17を1機保有している。

河野統幕長 AFRICOMには連絡官を常駐させたいと考えている。またジブチは海賊対処の拠点ではあるが、今後の幅広い活動のためジブチの利用を拡大させたいと考えている。今後はPACOM(アメリカ太平洋軍)、CENTCOM(アメリカ中央軍)、AFRICOMとの連携を強化して参りたい。

 今後CTF-151に指揮官を派遣することとなる。コアリションを編成し9月に指揮官を発出する予定であり、これは画期的なことであると認識している。

デンプシー議長 ロシアについてどのように考えているか?

河野統幕長 現在ロシア空軍のTU-95爆撃機の日本周辺空域の活動、バルト艦隊や黒海艦隊の太平洋における活動も活発化しており、自衛隊としてこれを警戒している。

 我々は北方領土問題を抱えているため、西側諸国と同調しつつロシアとの最低限の関係は維持していきたいと考えている。

 岩崎前統幕長がステーツマンフォーラムに参加するため6月に訪米する予定である。

デンプシー議長 6月に会うことができれば良い。3月にも訪日するのでその際にも会えればと思う。

 この職務に就いて様々なことを経験してきたが、各国のカウンターパートやその配偶者に出会えたことが素晴らしいと感じている。

 本日はお越し頂き感謝する。

(了)

    関連記事