北海道警は6日、国の雇用助成金をだまし取ったとする詐欺容疑で、札幌市にある朝鮮総連の北海道本部など関係先を家宅捜索した。

道警は同日午前10時40分頃、数十人態勢で、朝鮮総連北海道本部などが入る札幌市中央区の建物の捜索を開始。札幌市清田区の朝鮮学校などでも捜索が行われ、道警は今後、関係資料などを押収し、容疑の裏付けを行う。

公安関係者によれば、道警は札幌市内にある朝鮮総連の複数の関係企業が、従業員の雇用をめぐる国の助成金をだまし取った疑いで捜査を進めてきた。

【関連記事】警察庁から流出した「対総連捜査マニュアル」