デイリーNKジャパンは、統合幕僚監部(統幕)が作成して共産党に流出し、共産党の仁比聡平(にひそうへい)氏が2日の参院特別委員会で提示した資料の全文を入手した。

資料は、河野(かわの)克俊統幕長が昨年12月17、18両日の訪米で、デンプシー統合参謀本部議長ら米軍・国防総省幹部7人と会談した内容を記載したもの。

全23ページで、オディエルノ陸軍参謀総長、スペンサー空軍副参謀総長、ワーク国防副長官、グリナート海軍作戦部長、スイフト海軍作戦部幕僚部長、デンプシー統合参謀本部議長、ダンフォード海兵隊司令官と河野氏とのやり取りを、日付順でまとめている。

これらのうち、スイフト海軍作戦部幕僚部長との会談内容を以下に全文掲載する。会談でスイフト氏は、尖閣問題を大局的にとらえ、海上自衛隊が外交手段により中国へ向けメッセージを発出するよう進言している。

会談内容は以下のとおり(カッコ内は編集部)。

取扱厳重注意

別紙第5

スイフト海軍作戦部幕僚部長との会談結果概要

1           日時及び場所

平成26年12月18日(水)1130-1200 米国防総省

2           会談概要

河野統幕長 太平洋海軍司令官に就任するとのことであり、お祝い申し上げる。太平洋海軍に貴官が、太平洋軍司令官にハリス大将が就任するということで最強の布陣であると認識している。

 今後、イージス艦が2隻、横須賀に入港し、ジョージワシントンの後継としてロナルド・レーガンが就役すると認識している。本件は中国に対しての抑止力になると認識している。これに関し、国内的には問題はないもと(原文ママ)考えている。

スイフト海軍作戦部幕僚部長 空母の交代については日本の協力に感謝する。できる限りスムーズな移行が出来るよう尽力したい。また日米合同での出港行事をサンディエゴで実施したいと考えている。空母の運用を支障なく実施するためにも日米で世界にアピールしたいと考えている。

河野統幕長 尖閣周辺での状況は貴官が第7艦隊司令官時代よりも厳しいものとなっている。中国の船舶が2~3隻活動しており、接続水域にも近付いている。第一義的には海上保安庁の対応となっているが、領海に侵入する場合は海上自衛隊による対処となる。引き続き冷静に対応し、CUES(海上衝突回避規範)を活用し不測事態を回避するように指示している。

スイフト海軍作戦部幕僚部長 私は艦長として状況が緊迫しているのならどの様な形であれ、上級司令官の指示に従いCUESでなくても、使える手段を使用してコミュニケーションを図る必要があると考えている。

河野統幕長 CUESでさえ返答があったりなかったりする状況である。これまでの傾向としてはシニアの艦長であるソブレメンヌイ級の大型艦はこちらの問いかけに答えないようである。

スイフト海軍作戦部幕僚部長 中国海軍により運用される尖閣対応の艦長は厳選された者であると考えている。

 我々は日米でCUESを使用したコミュニケーションについての経験、知見を共有すべきであると考えている。地域全体でのコミュニケーションの問題を全体的に把握する必要があると考える。

河野統幕長 ロシアの活動について話をしたい。ロシアはTU-95の日本周回飛行やバルト艦隊や黒海艦隊の太平洋での活動が活発化している。ベトナムはカムラン湾を給油のために使用させている模様。

スイフト海軍作戦部幕僚部長 海上自衛隊はルーマニア、ウクライナとの演習を黒海で実施するのか?

河野統幕長 そのような計画はない。

スイフト海軍作戦部幕僚部長 この質問をした理由はロシア問題はヨーロッパ、地中海、カスピ海に渡る広域の活動として捉える必要があると考えているからである。

 尖閣の問題も、尖閣だけの問題として捉えるのではなく中国の問題として捉える必要がある。個別的に問題を捉えるのではなく全体として問題を捉えることで、他国の状況を踏まえて協力することが必要となってくる。個別的に問題を扱うと孤立してしまう可能性がある。すでに中国の潜水艦2、3隻がインド洋に進出していることも全体として捉える必要がある。

河野統幕長 安倍政権において中国の力による現状変更は認めないという認識のもと、フィリピン、ベトナム等 ASEAN諸国と協力しているところである。

スイフト海軍作戦部幕僚部長 インドは南シナ海での演習の際にベトナムをはじめとする様々な寄港を実施している。この様に戦略的な寄港を実施すべきではないか。

河野統幕長 現在日本は海賊対処のために海上部隊をジブチに派遣している。派遣の際には戦略的な寄港を実施している。

スイフト海軍作戦部幕僚部長 シンガポールやクアラルンプールなど経路上にない港にも寄港し、メッセージを発出すべきではないか。

河野統幕長 対外的なメッセージのためにそのような戦略的寄港は行っている。

 時間となってしまった、太平洋海軍司令官の交代式の際にハワイで会えるのを楽しみにしている。

(了)

【全文入手…流出した統幕文書】
(その1)オディエルノ陸軍参謀総長との会談
(その2)ダンフォード海兵隊司令官との会談
(その3)ワーク国防副長官との会談

    関連記事