デイリーNKジャパンは、統合幕僚監部(統幕)が作成して共産党に流出し、共産党の仁比聡平(にひそうへい)氏が2日の参院特別委員会で提示した資料の全文を入手した。

資料は、河野(かわの)克俊統幕長が昨年12月17、18両日の訪米で、デンプシー統合参謀本部議長ら米軍・国防総省幹部7人と会談した内容を記載したもの。

全23ページで、オディエルノ陸軍参謀総長、スペンサー空軍副参謀総長、ワーク国防副長官、グリナート海軍作戦部長、スイフト海軍作戦部幕僚部長、デンプシー統合参謀本部議長、ダンフォード海兵隊司令官と河野氏とのやり取りを、日付順でまとめている。

昨日公開した河野氏とオディエルノ陸軍参謀総長とのやりとりに続き、ダンフォード海兵隊司令官との会談内容を全文掲載する。河野氏とダンフォード氏の会談からは、日米軍事当局の「沖縄問題」に対する認識を垣間見ることができる。

会談内容は以下のとおり(カッコ内は編集部)。

取扱厳重注意

別紙第7

ダンフォード海兵隊司令官との会談結果概要

1           日時及び場所

平成26年12月18日(水)1400-1430 米国防総省

2           会談概要

ダンフォード海兵隊司令官 会談に先立ちアーリントン墓地において献花をして下さり感謝申し上げる。日本のパワフルなメッセージが発出できたものと思料。そして貴殿という友人ができたことを嬉しく思う。

河野統幕長 昨日の夕食会でお話ししたが本日は何点か議論したい。