北朝鮮で、夏の暑い盛りに精を付けるには鶏肉や犬肉を食べるのが一般的だが、新しい肉料理が人気を呼んでいるという。北朝鮮の最新「肉料理事情」について両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

中国延辺風「羊肉の串焼き」(参考写真)
中国延辺風「羊肉の串焼き」(参考写真)

「今年の夏ぐらいから、市場の商売で小金を儲けた人々の間で羊肉が人気を集めている」(両江道の情報筋)

情報筋によると、恵山(ヘサン)の市場で羊肉は1キロ37800北朝鮮ウォン(約560円)と、1キロ17500ウォン(約260円)の犬肉に比べればかなり値が張る。それでも「羊肉は体にいい」と評判を呼び、買い求める人が増えている。羊肉に比べて犬肉が安いのは、ほとんどの家庭で家畜として犬を飼っており、供給が多いからだ。