韓国軍は27日、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が核兵器などの大量破壊兵器を使用する兆候をつかんだ場合、金正恩氏など「核のボタンを押す権限」を持つ指導者を除去する「斬首作戦」の計画を明らかにしたが、これに対して北朝鮮が激しく非難した。

北朝鮮の対南宣伝サイト「わが民族同士」は28日、論評「北南関係改善の前途に黒雲を呼びこむ危険千万な挑発妄動」を通じて「南朝鮮のメディアは斬首作戦やら作戦計画5015やらを大々的に流布し、内外の深刻な憂慮を生み出している」と主張した。

論評では、「共同報道文のインクが乾いていないというのに、相手の首脳部を狙った戦争シナリオを堂々とメディアに公開したことは、北南合意に対する露骨な裏切りであり、民族の統一への熱望を踏みにじる耐え難き冒涜行為」と厳しく非難。

また、南北高官会議に北朝鮮側の代表として出席した金養建(キム・ヤンゴン)朝鮮労働党書記のコメントを紹介している。

「北南関係の急速な発展を好ましく思わない勢力が存在しうる。北南の合意をひっくり返そうとする勢力が再び蠢き始めた」

来月7日からは、南北合意にもとずいて離散家族再会の南北赤十字実務協議が行われる予定だが、はやくも舌戦がはじまろうとしている。

【関連記事】
韓国軍、金正恩氏らの「斬首作戦」を推進

    関連記事