人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

冷静に振り返ると韓国側は、軍隊といえども非武装地帯での地雷爆発によって実害を被っているが、北朝鮮側は対北拡声器放送によって実害を被ったわけではない。それにもかかわらず、軍事行動までちらつかせながら、対北拡声器放送を中断させたのには、理由がある。

北朝鮮が、放送に反発する理由としてまず挙げられるのが「最高尊厳(金正恩第一書記)を冒とくすることは許されない」だが、それ以上にK-POPや一般のニュースなどソフトな内容が、「北朝鮮のプロパガンダを無力化させる」という意味で大きいと筆者は見る。そのベースとして北朝鮮民衆の意識の変化が挙げられる。

    関連記事