北朝鮮と韓国の間で高まっていた軍事的緊張は、双方の合意により緩和された。一方、準戦時状態まで宣言した北朝鮮において、住民の生命線である市場が閉鎖されたり、多数の住民が前線から離れた地域に避難するなど混乱が生じたという話しが伝わってきた。

軍事境界線に近い江原道(カンウォンド)と咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は語る。

「準戦時状態の宣言に伴い、昼夜問わず避難訓練が繰り返されたことで、秋の収穫に支障が生じている。20日、21日の両日は、市場閉鎖されるなど生活に深刻な影響が出ている」(江原道の情報筋)

「当局から『持ち場を離れず緊張しながら生活せよ』という指示が下されたため、出張証明書の発行が制限され旅行が禁止された。また、歌舞音曲や冠婚葬祭も制限された」(咸鏡北道の情報筋)