北朝鮮が韓国に対し、政治宣伝放送を中止するよう求めた期限(22日17時)が迫る中、朝鮮人民軍が非武装地帯(DMZ)内に野砲を搬入する動きを見せている。22日、聯合ニュースなど韓国メディアが、韓国軍関係者の話として伝えた。

WS000078
朝鮮人民軍が装備するのと同型の76.2ミリ牽引砲(資料写真)

北朝鮮がDMZに搬入しているとされるのは、76.2ミリ口径の牽引砲。1940年に旧ソ連で開発されたもので、対戦車攻撃などに使用されてきた。

発射地点の把握困難

射程距離は13.3キロで、山の尾根や斜面に設置された韓国側の拡声器を狙い撃ちするのに適している。

    関連記事