朝鮮人民軍(北朝鮮軍)は20日、韓国軍が設置した対南宣伝放送用の「拡声器」に向けて2度にわたる砲撃を加えたが、韓国軍は36発の対応射撃を行った。

朝鮮中央通信は20日、韓国軍の対応射撃をめぐり「朝鮮労働党中央軍事委員会緊急拡大会議」を召集したことを報道した。

朝鮮中央通信の報道全文は以下のとおり。

朝鮮人民軍最高司令部緊急報道

8月20日午後、前線中西部地域において、南朝鮮傀儡軍部好戦狂たちの厳重な軍事的挑発行為が再び発生した。

傀儡軍部好戦狂たちは、わが軍が南側に砲弾1発を発射したというありもしない口実を突きつけて、わが軍の民警哨所を目標に36発の砲弾を発射する無分別な妄動を広げた。

そのうち6発の砲弾は味方542,543団、民警哨所付近に、15発の砲弾はわが軍250,251団、民警哨所付近に落ちた。

今回の砲撃挑発による味方の被害はなかった。

しかし、我々の神聖な領土、祖国保衛哨所に対する残忍な砲射撃は、微塵も容認できない厳重な軍事的挑発だ。

事態の厳重性は、傀儡軍部自身が、今なお我が軍砲兵の発射原点も、自分側の地域にあるはずの砲弾の落弾地点も確認できず、わが軍が発射したという砲弾が高射砲弾なのか、小銃弾か、ロケット弾なのかも、分別できない状態でこのような軍事的挑発をを二もなく敢行したことにある。

昨日は、疑問の地雷爆発事件を口実に、全ての前線において対北朝鮮心理戦放送を再開し、今日は、明白な根拠なしに、我々側の地域に多くの砲弾を撃つのが、ほかならぬ傀儡軍部好戦狂たちの分別なき挑発狂気だ。

醸成された厳重な事態と関連して20日夜、朝鮮労働党中央軍事委員会緊急拡大会議が緊急に召集される。

今、我々は南朝鮮傀儡国防部が、48時間以内に、対北朝鮮心理戦放送を中止して、あらゆる心理戦手段を全面撤去しなければ、強力な軍事的行動に移るという朝鮮人民軍総参謀部の最後通牒に、どのように対応するのかを鋭く注視している。

無謀な挑発的狂気は、それ相応の懲罰を受けなければならない。

南朝鮮傀儡軍部好戦狂たちは、激怒した我が軍前線連合部隊将兵たちの報復熱気を明確に認識して分別のある行動をすべきだ。

主体104(2015)年8月20日平壌

 

    関連記事