朝鮮人民軍(北朝鮮軍)は20日、韓国軍が設置した「対南宣伝放送拡声器」を狙って砲撃したが、韓国軍合同参謀本部は、記者会見を通じて、2度にわたる砲撃だったことを明らかにした。

韓国軍当局は、北朝鮮軍が、午後3時53分に14.5㎜高射砲を1発、発射し、4時15分には76.2㎜直射火器を数発、南側に発射したと見ている。

高射砲弾が落下した地点は、対北宣伝拡声器からは数㎞離れた地点で、照準射撃ではないと分析しながら、「韓国軍は、直ちに警戒態勢を最高レベルに格上げし、北朝鮮軍の動向を注視している。追加挑発時には、強力で断固として対応する万全の態勢を維持している」と強調した。

北朝鮮による砲撃直後、韓国軍は155㎜高射砲弾、数十発で対応警告射撃。合同参謀本部関係者によると、「現場指揮官の判断で、南北軍事境界線の北側500m地点に対応射撃をした。北朝鮮軍の砲弾が落ちた地点と、軍事境界線を間にした反対側の地点(北朝鮮側)に155㎜自走砲砲弾数十発を発射した」とのことだ。

韓国側の拡声器設備と人命被害はなく、「(対応射撃で)北側に強い意志で警告した」と付け加えた。

一方、北朝鮮は同日午後5時ごろ、朝鮮人民軍総参謀部の電話通知文で「今日(20日)17時から48時間以内に対北心理戦放送を中断し、すべての手段を全面撤去することと、これを履行しなければ軍事行動を開始するだろう」と威嚇。韓国国防部の関係者は、「北朝鮮は、非武装地帯の地雷挑発事件に対する謝罪どころか、無理な主張をしている」と明らかにした。

【関連記事】
【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷爆発
北朝鮮が韓国軍「拡声器」を砲撃
「拡声器」狙った訓練強化…緊張高まる軍事境界線

    関連記事