北朝鮮は、脱北の防止に全力を挙げている。国境警備を強化するだけでは飽きたらず、鉄条網に加えて落とし穴まで掘ったが、当局の措置をあざ笑うかのように脱北が相次いでいる。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、今月9日、中朝国境に面した茂山(ムサン)で2家族8人が集団で脱北する事件が起きた。「労働党創建70周年を控えての100日戦闘期間には些細な事件も発生させるな」という金正恩氏の指示が下されてわずか1か月後で起きた集団脱北で、国境警備隊は大騒ぎとなった。

治安当局は、事件を「重大事案」と見て、中国の公安当局に協力を要請。大々的な捜査を行っているが、今のところ脱北者の逮捕には至っていない。

    関連記事