北朝鮮で、8月15日から日韓の時間帯より30分おくれる標準時間「平壌時間」が北朝鮮で導入されたが、住民たちは概ね肯定的に受け止めていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

両江道(リャンガンド)の情報筋は「これからは『食前動員』や出勤時間が30分遅くなった。人々は平壌時間を喜んでいる」と現地の雰囲気を伝えた。

「食前動員」とは、道路掃除、建設現場の支援、鉄道の線路の管理などに動員される恒例行事だ。朝6時から行われることから、「食前動員」と呼ばれるようになった。北朝鮮の一般的な工場企業所の出勤時間は朝8時。しかし、まともな交通手段がない地方都市では徒歩出勤が多く、時間的余裕がほとんどない。