絶大な権力を誇る北朝鮮の保安員(警察官)は、庶民をいびってワイロをまきあげるなど「オイシい仕事」と思われがちだ。ところか、最近になって退職者が続出。その理由と背景を咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

最近、清津(チョンジン)鉄道保安署監察課の指導員や保安員など複数の職員が、様々な言い訳を並び立てて保安署を退職、外貨稼ぎ機関へ転職した。保安員が集まりさえすれば「安全な職場に転職しなければ」「(将来のことを考えて)あまりひどいことはするな」という話で持ちきりだという。

この背景には、金正恩時代になって以後、それまでの金正日政権時代と比べて統制と取締が一層強化され、住民の反発が高まっていることがある。また、以前は従順だった住民たちも、公然と反発するようになった。