絶大な権力を誇る北朝鮮の保安員(警察官)は、庶民をいびってワイロをまきあげるなど「オイシい仕事」と思われがちだ。ところか、最近になって退職者が続出。その理由と背景を咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

最近、清津(チョンジン)鉄道保安署監察課の指導員や保安員など複数の職員が、様々な言い訳を並び立てて保安署を退職、外貨稼ぎ機関へ転職した。保安員が集まりさえすれば「安全な職場に転職しなければ」「(将来のことを考えて)あまりひどいことはするな」という話で持ちきりだという。

この背景には、金正恩時代になって以後、それまでの金正日政権時代と比べて統制と取締が一層強化され、住民の反発が高まっていることがある。また、以前は従順だった住民たちも、公然と反発するようになった。

とりわけ、保安員に対する住民たちの感情は最悪で、通りがかっただけで指を差され、「むかつく!」と罵られる始末だ。

罵られるだけならまだしも、保安員たちは上部から指示された無茶な政策を末端で執行することから、住民からの恨みを買って、襲撃される事件も増加している。

事実、この数年間で悪徳保安員や保衛指導員に対する報復事件が全国各地で頻発している。

清津では、浦港(ポハン)区域の保安署の署長が帰宅しようと自転車に乗っていたところ、何者かに襲われ、後頭部を殴打され殺害される事件が起きた。

羅先(ラソン)では、人民委員会の正門前を通りかかった中年男性が、外貨稼ぎ業者たちに囲まれ、「ここで会ったが百年目!」「死ぬまで税関で務めてりゃこんな目には遭わなかったのにな」などと口々に罵られた上に激しく暴行され、衣服をすべて剥ぎとられて人通りの多い交差点に晒される事件が起きた。

被害に遭った男性は、北朝鮮では警察扱いの税関の元職員で、通関時に貿易業者をいじめることで悪名高かった人物だ。

さらに、金策(キムチェク)市や会寧(フェリョン)市でも、悪徳保衛指導員が刺殺される事件が起きた。逮捕された犯人はいずれも、保衛指導員に対する恨みから復讐に及んだことが明らかになっている。

不安に駆られた保安員たちは、より安全で恨みを買うことも少なく、儲かる職種として人気上昇中の外貨稼ぎ機関に転職しようとしている。

自業自得とも言える保安員に対する報復事件。一方、保安員たちも、満足な給料をもらえず、庶民からまきあげるワイロが貴重な収入源にならざるをえないという惨めな状況にある。

彼らも、先行不安をわかっているのか、市場経済が進む北朝鮮を改革開放初期の中国をになぞらえて、以下のような話をしているという。

「80年代初頭、改革開放が始まったばかりの中国では、悪徳幹部に対する報復事件が多発した。村八分にされたり、悲惨な最期を遂げた人もいる」

【関連記事】
夜間パトロール嫌がる北朝鮮警官「強盗こわい」
悪質保安員など法官の殺害多発

    関連記事