北朝鮮は、標準時を現在より30分遅らせた「平壌時間」を施行すると発表した。

8月15日以後は、時差のなかった日本や韓国(世界標準時+9:00)とは30分の時差が生じ、1時間の時差があった中国(世界標準時+8:00)とは30分の時差に縮まるが、はたして北朝鮮国内で混乱は起きないのだろうか。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の情報筋によると、「平壌時間の制定」は、8月はじめに中央から全国の初級幹部以上の管理者に伝えられ、「8月15日から変わる平壌時間に合わせて実務対策をきっちり立てるように」との指示が下されたという。

情報筋は、「中央は、国内的には通勤時間を変更したり、スケジュール表を変えるぐらいで、それ以外の問題は全くないと判断しているようだ。しかし、今後どのような問題が起こるかは様子を見ないとわからない」と言う。

一方、国外在住の北朝鮮の人々は「平壌時間」に否定的な見方を示す。国外のある北朝鮮住民は、次のように述べた。

「平壌時間は、最高指導者(金正恩氏)の独断的な決定がなければ、絶対に不可能だ。主体を強調しているつもりかもしれないが、国際的秩序を無視する未熟な処置だ」

この住民は、平壌時間の制定のみならず、この間、金正恩氏の気まぐれな指示と決断によって、国際的孤立を招く対外政策が多いと指摘する。

「国際慣例を無視して独自の方法にこだわる金正恩氏の指示に幹部たちは、反論できず頭を悩ませている。今回の平壌時間も何らかの混乱をもたらすだろう」

【関連記事】
北朝鮮「日帝は標準時間を奪った」

    関連記事