人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

情報筋は、「中央は、国内的には通勤時間を変更したり、スケジュール表を変えるぐらいで、それ以外の問題は全くないと判断しているようだ。しかし、今後どのような問題が起こるかは様子を見ないとわからない」と言う。

一方、国外在住の北朝鮮の人々は「平壌時間」に否定的な見方を示す。国外のある北朝鮮住民は、次のように述べた。

「平壌時間は、最高指導者(金正恩氏)の独断的な決定がなければ、絶対に不可能だ。主体を強調しているつもりかもしれないが、国際的秩序を無視する未熟な処置だ」

この住民は、平壌時間の制定のみならず、この間、金正恩氏の気まぐれな指示と決断によって、国際的孤立を招く対外政策が多いと指摘する。

    関連記事