北朝鮮の金正恩第1書記が、金日成主席の21周忌に際して電文を寄せたナイジェリアのムハマドゥ・ブハリ大統領とウガンダのヨウェリ・カグタ・ムセベニ大統領に返礼のメッセージを送った。8日、朝鮮中央通信が報じた。

【関連記事】北朝鮮、テロ渦中のチュニジアに「祝電」送る

同通信の記事全文は次の通り。

【平壌8月8日発朝鮮中央通信】朝鮮国防委員会の金正恩第1委員長が、金日成主席の逝去21周忌に際して電文を寄せてきたナイジェリアのムハマドゥ・ブハリ大統領とウガンダのヨウェリ・カグタ・ムセベニ大統領に答電を送った。

金正恩第1委員長は答電で、金日成主席の逝去日に際して主席の不滅の業績をたたえ、崇高な敬意と固い連帯がこもった温かい電文を送ってくれたことに深い謝意を表した。

そして、国々の立派な友好協力関係が今後も引き続き強化発展するとの確信を表明しつつ、両大統領の責任ある活動でさらなる成果が収められることを願った。―――