【平壌8月7日発朝鮮中央通信】朝鮮で風力と地熱、ソーラーエネルギーをはじめ自然エネルギーを開発、利用するために努力している。

 金正恩元帥は今年3月、金山浦塩辛加工工場と金山浦水産事業所の建設場を現地で指導して生産用、生活用の電気問題を円滑に解決するために大きな力を入れなければならないとし、ヌングム島に風力と太陽光で電気を生産する自然エネルギー発電所を建設することに関して意義深く述べた。

元帥の意図を体して各地の幹部と人々は、自然エネルギーで電力需要を満たすために尽力している。

効率の高い風力発電機を開発、導入している金策工業総合大学風力発電研究集団は、最近、洗浦地区畜産拠点の総合指令室と一部の対象に数台の風力発電機を設置した。

    関連記事