朝鮮中央通信は7日、北朝鮮が金正恩氏の指導に基づき「自然エネルギーで電力需要を満たすために尽力している」と報じた。導入が試みられているのは風力と地熱、ソーラーエネルギーなどだという。

記事ではその研究開発拠点として、金策工業総合大学など複数の機関の名が挙げられている。

記事全文は次の通り。