北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、8月15日より標準時を現在より30分遅らせた標準時、平壌時間(世界標準時+8:30)を施行すると報道した。

これに伴い、今まで時差のなかった日本や韓国(世界標準時+9:00)とは30分の時差が生じることになる。また、今まで1時間の時差があった中国(世界標準時+8:00)とは30分の時差に縮まる。

ちなみに、世界標準時と30分単位でズレがある時間帯は、インド(世界標準時+5:30)やオーストラリアの西オーストラリア州(世界標準時+9:30)など珍しくない。