脱北者の支援活動に当たっていた米国人がタイ警察に逮捕されたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

ラオスの首都ビエンチャン。メコン川の向かいはタイのノンカイ県(画像:Erwan Deverre)
ラオスの首都ビエンチャン。メコン川の対岸はタイのノンカイ県(画像:Erwan Deverre)

RFAによると、逮捕されたのは、チェンマイ在住の韓国系米国人宣教師、イ・ビョンド氏。イ氏は今年6月17日、脱北者の男性6人と女性1人をラオスからタイ東北部のノンカイ県に密入国させた容疑が持たれている。