世界水泳選手権で、北朝鮮の16才の選手が女子10メートル板飛び込みで同国史上初となる金メダルを獲得する快挙を成し遂げた。

金メダルを首にかけるキム・グッキャン選手(真ん中)/FINA公式サイトよりキャプチャー
金メダルを首にかけるキム・グッキャン選手(真ん中)/FINA公式サイトよりキャプチャー

ロシアのカザンで開かれている第16回世界水泳選手権は30日、女子10メートル板飛び込み決勝が行われ、北朝鮮代表のキム・グッキャン(16才)選手は、合計397.05点を記録して金メダルを獲得した。