北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の日米韓次席代表会合が31日、東京で開催される。外務省が27日に発表した。

3カ国は最近の北朝鮮情勢について意見交換し、緊密な連携を確認する見通し。日本から滝崎成樹アジア大洋州局参事官、韓国外務省の金健(キム・ゴン)北朝鮮核外交企画団長、米国務省のサイラー6カ国協議担当特使が出席する。

【関連記事】安保法制で高まる北朝鮮からの「核報復」リスク