北朝鮮で7月は「涙の月」と言われている。各種の行事に住民が動員されたり、何かと苦労が絶えない月だからだ。

「涙の月」である7月についてデイリーNKの両江道(リャンガンド)の内部情報筋は、次のように語った。

「7月は食糧事情が悪化したり、政治的イベントが多くて動員されることが多い。首領様(故金日成主席の命日は7月8日)の哀悼期間に泣くし、食べるが減ってくよくよ泣いて、動員に連れ回されて汗を流しながら泣く。いつしか、市場の商人や住民の間では『7月は涙の月』と言われるようになったが、言い得て妙だ」

とりわけ今年は、党創立70周年に合わせた建設事業が進められており、さらに地方選挙まで加わって住民負担が増している。「涙の月」という言葉は、住民たちの不満の裏返しと言える言葉であり、共感する住民たちも多いという。

事実、住民たちは、金日成氏命日(7月8日)の一週間前からはじまった哀悼期間には、金日成氏・金正日氏の銅像や各種偶像物の警備に動員され、様々な思想学習などに時間を取られ、苦しめられた。

「とくに今年の7月は、精神的にも肉体的にも辛くて、住民たちの不満は夏の暑さよりも熱い。金正恩氏が思想統制するための偶像化を住民に強制すればするほど『涙の7月』のように不満を表現する言葉が増えるだろう」(内部情報筋)

【関連記事】
北朝鮮で「朝活」導入されるも遅刻者続出
北朝鮮のイマドキの若者「金正恩チョームカつく!」 
理不尽な賄賂要求に抗議の自殺

    関連記事