人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

もっとも、北朝鮮のSLBM開発は初期段階とされ、いずれ完成しても戦力的には意味をなさないとの指摘もある。自衛隊OBが言う。

「SLBMを搭載する弾道ミサイル潜水艦の強みは生存性の高さですが、北の潜水艦は騒音が大きくすぐに見つかってしまう。原潜と違って、ずっと潜ってもいられない。
また、潜没している潜水艦にミサイルの発射命令を伝えるには、波長が数十メートルに達するVLF(超長波)電波を送らねばならず、その送信施設は数キロから十数キロ四方の巨大施設になります。北にはこれがなく、平壌から命令を伝えることすらできません」

とはいえ、核ミサイルを搭載しているかもしれない潜水艦が日本近海をうろつくのを、まさか海上自衛隊が黙って見ているわけにも行くまい。

問題は「日米ガイドライン」

それに安保法制が成立して日本が集団的自衛権を行使して行くことになれば、海自には北朝鮮のSLBMを監視すべき“義務”も生じる。

    関連記事