北朝鮮内閣などの機関紙「民主朝鮮」は6月2日、日本で安保法制関連法案の審議が進んでいることを批判する論評を掲載。安保法制は「日本に対する先制攻撃まで誘発させかねない」「(日本の)領土自体が危うくなる」などと警告した。

論評について報じた朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。