金正恩氏の指示でサービス改善につとめている北朝鮮の高麗航空で、この度新しい機内食が登場した。それはキムパプ(海苔巻き)だ。

高麗航空は14日に自社のFacebookページで「あの有名な高麗航空ハンバーガーはもうない。乗客にはキムパプを提供している」として、機内で配られているキムパプの画像を紹介した。

高麗航空のFacebookページに紹介された機内食のキムパプ(海苔巻き)の画像。(画像:高麗航空)
高麗航空のFacebookページに紹介された機内食のキムパプ(海苔巻き)の画像。(画像:高麗航空)

また、北朝鮮専門旅行社「コリョツアーズ」のサイモン・コッカレル代表も、自身のInstgramのページに、高麗航空キムパプの画像を掲載した。

コッカレル氏はその味については触れていないが、韓国のものとは違ってごま油が塗られておらず、あっさりした感じの北朝鮮の一般的なキムパプだと思われる。