当初は、市場周辺だけだった露天商が、最近では鉄道の駅、バスターミナル、市内中心部など流動人口の多いところにも進出しつつある。また、住宅密集地にも20から30程度の屋台が立ち並んでいるという。

【関連記事】
北朝鮮、市場管理人という利権
北朝鮮、多様化する市場ビジネス
農民市場の常設化が進む北朝鮮

    関連記事