これまで、北朝鮮の市場を占領していた中国製品が徐々に姿を消しつつある。金正恩第一書記が進める「国産品愛用運動」が功を奏したのかと思いきや、実はロシア製品に取って変わられただけだった。

ロシア製の小麦粉(画像:michael davis-burchat)
ロシア製の小麦粉(画像:michael davis-burchat)

北朝鮮国内の内部情報筋は、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に「思った以上のスピードでロシア製品が中国製品を追い越しつつある。中国製よりも質がいいからだ」と語る。