北朝鮮のGNI(国民総所得、名目)が韓国の44分の1に過ぎないことが、韓国銀行が17日に発表した「2014年北朝鮮経済成長率推定結果報告書」によって明らかになった。

2014年の北朝鮮のGNIは34兆2000億ウォン(約3兆8000億円)だった。これは韓国の44分の1のレベルだ。また、これを1人あたりの数値に直すと、138万8000ウォン(約15万円)で韓国の22分の1のレベルだった。

一方、2014年の北朝鮮の国内総生産(GDP)は前年比1%アップの31兆6000億ウォン(約3兆4000億円)を記録した。北朝鮮は2010年の貨幣改革(デノミ)失敗でマイナス成長を記録した後、年平均で1.05%の経済成長を続けてきた。

部門別の成長率は農林水産業、鉱工業、建設業、サービス業が1%台の成長を記録したが、水力発電部門は2.8%減少した。